新成化学開発品(SCHEM化合物)検索:

Categoryについて/検索ガイド

ポリエチレングリコール(PEG・PEO)誘導体

ポリエチレングリコール末端OHを様々な官能基に変換した構造をご提案します。

他で真似の出来ない (一般市販品は分子量分布のある混合物です。)、単一構造の合成法を確立しました。

技術資料はこちらクリックボタン:資料が表示されます。
TO005:高純度PEGリンカー活用例
TO025:PEGハイブリッド化合物
TO030:温和な条件で切断可能なPEGリンカー
TO034:クラウンエーテル
TO036:蛍光標識PEGマーカー
TO037:枝付きクラウンエーテル
TO042:PEGリンカーシクロデキストリン
TO048:PEGリンカー付き色素
TO038:PEG共同研究のご提案
TO039:PEG命名法
対称型(Homo type)

Homoタイプ構造の注意事項について

OH-OH
NH2-NH2
COOH-COOH
N3-N3
 
非対称型(Hetero Type)
NH2-COOH
FmocNH-COOH
BocNH-COOH
TrtNH-COOH
Trt-OH
Trt-Tos
Tos-OH
N3-OH
N3-COOH
NH2-OH
TrtNH-OH
 
環状 (Crown ether)
CrownEther
 
枝分かれ構造(Branch)
Branch
 
官能基別 (Functional groups)
Carboxylic acid
Amine
Aldehyde
Azide
Alkyne(acetylene)
Alkene
Maleimide
Nitrile
Thiol Disulfide
Dye Fluorescent
Cyclodextrin
 
全PEG一覧
リストにない構造もお気軽にお問い合わせください。