新成化学の得意技術

ポリエチレングリコール(PEG)を用いたリンカー、スペーサー合成技術

シクロデキストリン誘導体

包接化合物(host-guest)

色素・蛍光標識化合物

リンカーの設計、結合

各種官能基変換 保護基関連技術

D,13C,15N等、安定同位体含有化合物の合成

アミノ酸誘導体合成

糖誘導体合成(単糖)

ペプチド合成(非天然型アミノ酸を含む配列、特殊配列)

固相合成法による有機化合物の合成

液晶材料

歯科材料

Stepwise法、Fragment法による高分子合成

ハプテン、Conjugate作製

HPLC分析・精製技術(順相、逆相、イオン交換、ゲルろ過、アフィニティ)

天然物からの成分抽出・精製

医薬品に関わる標準物質の合成

精製技術(HPLC、再結晶、蒸留)

 

不得意技術

ポリマー合成:ポリマー合成は弊社が得意とする有機合成とは全く異なる技術と経験を要します。必要スペックのポリマーを得ようとすると超高純度精製モノマーと溶媒、専用反応容器が必要ですが弊社はいずれも容易に対応できません。上記が恐らく原因で再現性確保が難しいことと、狙った重合の成否判定が容易ではないため弊社では対応不可とさせていただいております。
・市販モノマーを使用し、細かく指定された処方通りに重合、後処理し結果に関わらず全額ご請求の条件でしたら個別ご相談ですが、それでは弊社の特長を生かせませんしご満足いただける品質のポリマーが得られなければお客様の信用を失うことに繋がりますので余程の例外を除き原則お断り、とさせてください。
・モノマー合成につきましては一般有機化合物合成としてお請けいたしますが、重合禁止剤が効かない場合がありますので納品直前分析以降の純度低下は保証外とさせていただきます。
・モノマー合成+ポリマー合成の場合はモノマー合成を成功報酬、重合は処方通りに処理して結果に関わらず全額ご請求、の形でお願いしています。

無機化合物:お問い合わせが結構あるのですが有機化合物とノウハウが全く異なり精製法・構造確認のための知識経験もトラブル時の突破力もありません。1Lフラスコ処理上限、処方通りに処理して得量提出、品質保証なし、結果に関わらず全額ご請求で個別ご相談です。

金属錯体:経験が乏しく合成法、精製法、構造確認、純度確認に関するノウハウがありません。成功報酬ではお請けできません。錯体調製前の前駆体は通常有機合成として成功報酬でお請けします。
続く錯体合成につきましてはご提示頂く処方通りに処理して得量提出、品質保証なし、結果に関わらず全額ご請求の条件でよろしければ個別ご相談です。

シンプルな低分子化合物:複雑な構造の化合物を得意とする一方、単純な構造で意外と苦戦することが多いようです。低分子ですと沸点が下がる、極性が極端に高かったり低かったりすることが多くなり、精製に苦労します。純度測定にも難航する可能性が高くなります。

気相反応:設備がありません。

糖鎖:合成実績は非常に多いですが、やはり難しいというのが実感です。単糖から誘導した各種キラル化合物は自社開発品を含め多数合成実績ございます。

大スケール:弊社はグラム以下の小スケールに特化しているためスケールアップ時のトラブルについての対処法が分かりません。
こちらもご一読願います。

特注合成についてその他ご案内はこちら