ご依頼いただいた特注合成での合成法開示、ご報告について

・合成法、合成中間体は見積書備考欄に記載がない限り非開示です。必ずご発注前にお申しつけください。

・合成法ノウハウ開示+合成法報告書作成のための費用を含めた見積書をご提示いたします。

・ご発注後の合成法開示、報告書提出等のお申し出は下記論文投稿目的を除き、全てお断りいたします。合成法開示等を必要とされる場合、開示前提でのリピート合成依頼をお願いします。

●合成法開示が前提のご依頼について。

・合成法に関する情報開示を必要とされる場合はお問い合わせ時にお申し付けください。合成法開示の前提でお見積いたします。

(1)試験成績書に加え、合成報告書を提出いたします。報告書には合成法に関する情報を盛り込みます。

(2)試験成績書や報告書に記載する内容は、一般的な合成論文の実験項レベルです。記載が必須の情報がありましたら必ずお見積前にご提示願います。

(3)報告する合成法のレベルにより追加費用が変わってきます。下に行くほど高額になります。
 ①論文等を参考にするまでもなく常識的な方法に従えば簡単にトレースできるレベル(書類作成費用のみ)
 ②お客様からご提示頂いた情報だけでトレースできるの技術
 ③WEB検索で簡単に見つけられるノウハウ
 ④そのものの合成文献記載の情報のみでトレース可能な技術
 ⑤類似化合物の合成文献記載情報のみでトレース可能な技術
 ⑥文献には記載されないノウハウ
 ⑦汎用性の低い(この化合物限定)弊社の独自技術
 ⑧汎用性が高いまたは他用途に活用可能な弊社の独自技術:原則、開示をお断りします。
  独自技術を敢えて用いず、低収率ながら類似の結果が得られる別法で代替する場合があります。
 ⑨実験ノート、生データの提出(特に独自技術を含む実験)

(4)報告書ご提示後の下記のようなご質問、お問い合わせには別途費用で対応致します。開示をお断りすることもあります。
 ①有機合成の専門家であれば常識とされる細かい情報(抽出で用いる溶媒量や抽出回数、
  ガラス器具の形状、攪拌速度、一般試薬や溶媒のメーカー、ロット番号等)
 ②WEBで調べれば容易に分かるレベルの常識
 ③実験で用いた実験機器や器具に関する細かい情報
 ④報告書に記載されていない情報に関するご質問
 ⑤トレース実験がうまく行かないというクレーム(?):技術指導は別途ご相談

●論文投稿、特許出願が目的で合成法記載が必要且つ弊社と共著または論文中に弊社名を明記頂ける場合はご依頼後でも無償開示の可能性がございます。

・論文または特許の提出化合物の合成法実験項以外の原稿が出来上がった時点で合成法開示についてご相談させてください。原則無償で合成法を開示いたします。
見積時、納品時または早期に合成法開示が必要とされる場合は以下の対応でお願いいたします。
(1)合成法開示+合成報告書提出費用を上乗せした見積を再提出いたします。
(2)弊社名を論文等に記載頂ける場合、下記(3)~(6)の要領で費用を割引いたします。
  ① 弊社を共著にしていただける場合は、合成法無償ご報告に加え合成費用の割引も含め別途ご相談
  ② 弊社名を論文または特許中に明記頂ける場合は合成法を無償ご報告
  ③ 学会予稿集、その他著作物媒体に弊社名を記載頂く場合は別途ご相談
(3) 合成法開示後に合成法開示+合成報告書提出費用をご請求致します。
(4) 特許出願、または論文がアクセプトされた後に、コピーを一部弊社までお送りください。
(5) 割引額(原則、上記(3)と同額)を折り返しご報告いたします。
(6) 別件でご依頼頂く際に(5)相当額を請求金額から割引させていただきます。有効期限はございませんので、ご都合の良いタイミングでご発注時にお申し付けください。

・合成法開示には合成スキームとごく簡単な合成法記述のみが含まれます。収率、生データ開示等実験処方の細かい開示や実験ノートコピー提出、追加分析、追加実験実施、技術指導・トランスファー、貴社による実験再現保証等は含まれませんのでご発注前に個別ご相談させてください。

・論文のために必要とされる追加実験、分析等は別途費用で対応させていただきます。

・弊社の独自技術に関する内容は開示に応じられない場合があります。ご依頼前にご相談させてください。

特注合成についてその他ご案内はこちら