秘密保持契約についてご案内

秘密保持契約の流れ:秘密保持契約案を弊社宛てにメール送信→記載内容確認のご連絡→捺印済み印刷物を2通弊社宛てにご郵送→弊社印捺印の上ご返送です。
・秘密保持契約書はお客様の書式で結構ですが弊社雛形も必要に応じご利用ください。
【秘密保持契約書・案】(RTF形式:ダウンロードします。)
【秘密保持契約書・案】PDF
【委受託契約書・案】(RTF形式)
【委受託契約書・案】PDF

・契約に先立ち情報開示頂き日付を遡っての秘密保持契約にも対応させていただきます。お急ぎの場合はお気軽にご相談ください。

・郵送費用、収入印紙代等、契約書作成にかかる費用は全てお客様ご負担でお願い致します。

・上記以外の、または弊社雛形以外の特別形式による文書提出あるいは秘密保持契約等の手続きが必要な場合は金額に影響いたしますので見積前に具体的にご提示頂きますよう、お願いいたします。発注後のご指示は、要した手間に応じた追加料金をお願いする場合がございます。

・秘密保持契約書作成に要する手間、往復郵送、収入印紙代等にかかる費用を全額ご負担願います。

・秘密保持契約書記載内容次第では見積金額が大きく変わる場合がございます。
権利関係(合成法の権利一切をお客様に帰属)、契約期間(常識外に長期の期間設定)、見積書記載以外の役務発生等で追加費用が発生します。

秘密保持契約書なしでも弊社は開示いただいた化合物の情報、契約内容、構造式等の情報につき秘密厳守いたしますのでご安心ください(下記注意事項ご一読願います)。秘密保持契約をご希望されるお客様は全体の1割未満です。

秘密保持契約締結、書類作成には相当な手間と時間を要するため、有償で対応させていただいております。納品直前になってから秘密保持契約をご希望されるお客様が居られたですがその段になって追加費用をお願いしづらいため無償対応せざるを得ませんでした。その反省を踏まえ、現在はお客様から秘密保持契約について特に言及なければ”秘密保持契約あり”=相応費用込みで対応させていただいております。
”秘密保持契約不要”とお申し付けいただけましたら追加費用なしの見積金額ご提示致しますのでご協力の程、よろしくお願いいたします。ご発注後のお申し出は対応しかねますのでご理解頂きますよう、お願いいたします。
リピートご依頼のお客様につきましては前回ご依頼を反映致しますので特にお申し出不要です。

弊社で合成実績のある合成化合物の構造を技術資料、社内外データベース転載等により一般公開する場合がございます。お問合せ頂く特注化合物の構造を社外公開しても構わないお客様はお申し付けください。
合成費用の最大5%割引いたします。ご指定がない場合は非公開で対応させていただきますが既知化合物、最終化合物の構造が推測困難な中間体、モデル実験で合成した化合物等につきましては公開の対象としますのでご了承ください。
契約書に公開不可の記載挿入等、必要に応じて別途ご相談させてください。
尚、化合物構造を公開する場合にもお客様に関する情報は一切非公開です。

お客様からご依頼頂いた合成品の構造を上記に従い情報公開し、一般のお客様で成約に至った場合はその売上金額の一定額分(5~10%)を次回ご依頼の際に割引または無償合成させていただく場合がございます。詳細は別途お問い合わせください。

最終物ではない合成中間体が既知化合物の場合、その化合物の構造や合成法を資料として社外公開、あるいは弊社実績済化合物としてカタログに掲載・販売する可能性がございます。 汎用性の高い化合物につきましては納品から2年を経過後、合成中間体、最終化合物の構造、合成法等を弊社営業資料等で社外公開する可能性がございます。社外に公開することでご迷惑をお掛けする可能性がある場合は契約書に盛り込むか、 またはご発注までに文書またはメールにてご指示頂きますよう、お願いいたします。

特注合成についてその他ご案内はこちら

有限会社新成化学