新成化学開発品(SCHEM化合物)検索:

Categoryについて/検索ガイド


PEGリンカーつき色素、蛍光色素のご提案

PEGリンカーを介することで以下の効果が期待できます。

・スペーサー挿入により各機能性部位間の距離を十分確保できタンパク、細胞等の巨大分子との反応性が高くなります。

・アルキルリンカーと比較して非特異吸着やアグリゲーションなどが抑えられることが期待されます。

・PEGリンカーを付けることで親水性、親油性共に向上し、水や有機溶媒への溶解性アップにより溶け残り、濁りなどの苦労が軽減されます。

・市販で入手可能な色素のほとんどの末端官能基はカルボン酸やNHSなどの活性エステル、マレイミドに限られますがPEGリンカーを介することでアミノ基、アジド、アルキンなど様々な末端官能基に変更可能です。


*PEG繰り返し単位n=3~50以上まで、各評価系に合わせた最適長さのスペーサーを弊社ではご用意可能です。

市販の蛍光色素(末端カルボン酸、NHS活性エステル、イソシアネート、イソチオシアネート等)から簡単にPEGリンカーを挿入可能です。

これまでの合成実績の幾つかをご紹介します。(構造式を







 末端カルボン酸、NHS等の活性エステル、イソシアネート、チオイソシアネートの色素原料をご提供頂ければ1検体5万円/2週間でPEGリンカーを結合いたします。

弊社ではアミド結合等を介さずPEGリンカーを直接結合させた色素の合成実績があります。