有限会社新成化学



弊社独自の高純度ポリエチレングリコール合成技術を適用し、高純度な巨大構造
クラウンエーテル合成を実現しました。


クラウンエーテルリスト

相関移動触媒、ホストゲスト化合物として18-Crown-6が広く活用されていますが、高分子環状エーテルは
ポリマー素材の改質剤としての性能も報告されています。
弊社では独自の合成法で得た高分子PEGを分子内環化させることで巨大構造のクラウンエーテル合成に
成功しました。
現在の最高分子量は336-crown-112(分子量4,934)ですが更に高分子環状PEGの合成も可能です。 技術資料034

市販PEG(平均分子量2,000)から誘導したクラウンエーテル:近い分子量混合物からそれぞれ
単離することは困難です。


巨大構造のクラウンエーテルの性質、用途についてはこれまで高純度品が入手困難なこともあり
論文報告例がほとんど見当たりません。
用途開発研究への取り組みが期待されます。

弊社開発の大環状クラウンエーテルをご研究にご活用できませんか?
PDF


枝付きクラウンエーテルの開発も進めています。


技術資料037PDF

クラウンエーテルリスト


有限会社新成化学